本文へ移動

看護部

看護部

看護部長(外山 友子)挨拶

本人より一言
 私たち看護部は、「最適な医療を提供する」という病院理念のもと「最適な看護を創造する」という看護部理念を掲げています。
 私たちは、患者さんの不安な気持ちに寄り添い、患者さんの療養生活を支える良きパートナーでありたいと考えています。さらに、私たちは患者さんの療養生活の質を決めるキーパーソンであると考えています。
一人ひとりの看護職員が、患者さんにとっての最適な看護は何かを考え、日々、丁寧な看護やケアを実践することによって、患者さんやご家族から信頼される看護部を作っていきたいと考えています。
 地域の患者さんやご家族のご期待に応えられるよう看護部一同尽力いたします。



看護部理念

地域の人々のために最適な看護を創造し実践します

基本方針
  1. 患者さんの尊厳を尊重した看護を実践します
  2. 患者さんの人生や生活に目を向け、QOLの向上を目指します
  3. 思いやりのある、親切な対応をします
  4. 最適な看護の実践という志のもと自己啓発します
  5. 互いに敬意をはらい、助け合う職場を作ります
  6. 経営の安定に貢献します

看護体制

・許可病床数
  2F  一般病棟 18床
  3F  一般病棟 42床
  4F  一般病棟 29床・地域包括ケア病床 21床
・看護基準       1病棟 15:1     2病棟 13:1
・看護提供方式  チームナーシング+一部機能別

部署の特徴

1病棟
 整形外科、形成外科、内科の急性期患者の手術、治療、回復を目的とした急性期病棟の役割の他、感染症対策病棟としても担っている。患者さんが安全に安心して手術や治療が受けられるように、急変時の対応にも備えて心身の管理を行い、苦悩の緩和、早期離床の看護を提供している。また、患者さんやご家族が安心して退院後の生活を送れるように、主治医、リハビリ、地域連携室の多職種との連携を図り退院支援の一環として地域包括ケア病棟への転出へとつなげている。 
 病棟スタッフは、子育て世代や親の介護世代の中堅層が多く、それぞれの経験、臨床の知を兼ね備えており、フットワークが軽く互いに助け合い切磋琢磨して奮闘している活気ある病棟です。

2病棟
 一般病床の他に、21床地域包括ケア病床があり、自宅退院に向けてリハビリをしている患者さんが多く、リハビリや地域連携室、ケアマネージャー等と情報共有し安心して退院後の生活が送れるように支援している。整形外科・形成外科の手術患者さんも受け入れ、手術前・後の看護も行っている。

外来
 地域密着型の病院として、「患者さんに寄り添う医療・看護を提供する」ということを心がけて診療にあたっている。外来診療科は整形外科をメインに一般内科・消火器内科・循環器内科・神経内科・腎臓内科・呼吸器内科・泌尿器科・ペイン麻酔科・外科・形成外科の11診療科も対応している。また専門外来として、物忘れ外来(認知症)、ペースメーカー外来があり、その他京都市の特定健診、一般企業健診、入職前個人健診、老健施設等の健診業務も実施している。
 できるだけ患者さん一人ひとりに寄り添い、親切丁寧な対応に努める事、短時間の関わりの中に、患者さん中心の医療が展開できるように日々努力している。

手術室
 院長の専門である整形外科手術を中心に、形成外科担当医による局所麻酔手術に対応している。
 整形外科:骨接合手術、膝、股関節人工関節置換手術、脊椎ヘルニア、脊椎固定など
 形成外科:皮膚腫瘍、腱鞘炎、眼瞼下垂、鼻骨骨折なと
手術前日・当日術前の病床訪問を行い、スタッフ間で情報共有することで一人ひとりの患者さんに応じた看護に取り組んでいる。

医療法人 松寿会
共和病院

〒601-1378
京都市伏見区醍醐川久保町30
TEL:075-573-2122
FAX:075-573-0517

整形外科/形成外科/循環器内科/内科/外科/消化器内科/呼吸器外科/泌尿器内科/脳神経内科/リハビリテーション科
TOPへ戻る